観光ビジネスコースの2年生が、12月4日(月)~12月7日(木)に3泊4日の日程で台湾海外研修を実施しました。出発式で笹原朝日町長、笹川副校長の激励を受けた後、団長を務める本波校長と付添教諭2名、コース生徒15名の計18名が元気に出発しました。初めての飛行機、初めての国外体験の生徒にとっては全てが刺激的だったようです。2日目から3日目にかけて、研修のメインである桃園市立平鎮高級中学との学校交流を実施しました。「熱烈歓迎」の活気ある雰囲気で迎えていただき、交流会では「富山県下新川地区のふるさと紹介」のプレゼンテーションを行いました。その後は、今年、東アジアの若者に人気の多国籍ユニットTWICEの「TTダンス」と日本でブレイクしたブルゾンちえみwithBのパロディでオリジナルコントを披露して大いに盛り上がりました。2日目の夜は、ホームステイで平鎮高中生のご家庭にお世話になり、翌朝、パートナーと登校して台湾の学生と合同授業に参加しました。一緒に調理実習を行い、台湾の少数民族の文化について楽しく学ぶことができました。当初は言葉の壁が気になることもあったようですが、温かなもてなしを受け、次第にリラックスした表情でコミュニケーションをとれるようになりました。学校交流の前後に総統府、故宮博物院、忠烈祠、中正紀念堂、九份、士林夜市などを訪れ、台湾の歴史と観光地としての魅力に直接触れることができました。帰国時の生徒の充実した表情からは、大きな成長の跡がうかがえました。今回の研修を実施するにあたり、多大なご協力とご支援をいただいた関係の方々に厚く御礼申し上げます。